山形県河北町谷地の大工・住宅の新築・リフォーム・住まいに関わる事全般・地域に密着した安心設計・安心施工・安心価格でお客様の安心をお約束「- 多田建築 -」


:
:

ホーム >  多田建築vs大手メーカー >  価格について

価格について

皆さんが工事を依頼するにあたって、
一番気になるのはお金はいくらかかるのかという事だと思います。
住宅価格は、坪単価で表されることが多いですが、
この坪単価は会社によっていろいろです。

まず、坪単価○○万円と宣伝している所は、ローコスト住宅が主力の会社です。
仕様を決めて、その範囲内の仕様で済ませれば、
広告どおりの金額で建物本体が出来ます。ただし、建物本体です。
屋外給排水設備・屋外電気工事・諸経費などは含んでいない
ところが多いです。

次に、坪単価を公表しないで、デザインや住宅の性能をアピールしている会社は、
坪単価にすると高いです。高いから広告に出さない(出せない)だけです。
坪単価50万以上の建物もたくさんあります。
キャンペーンや限定商品を売り出すときだけ、坪単価を安く設定して公表します。

次は展示場についてですが、
ハウスメーカーは、豪華な展示場を持っています。
イメージのよいパンフレットもたくさんあります。スーツを着た営業マンもたくさんいます。
この状態を維持していくのに、いったいどれほどの経費がかかるのでしょうか
この住宅展示場をつくるのには数千万円もの資金が必要です。
しかも、展示場は大抵、設備や仕様がワンランク上です。
この展示場が、大してお金がかからずに出来てるとしたら、
一般のお客様の標準仕様の住宅は、一体いくらで出来るのでしょうか。
その他、案内する社員が必要です。 >>>住宅展示場の賢い見方
また、冷暖房費・電気代などの維持管理費もかかります。
そして、数年で改装や、建て替えなどをします。その他、土地代(場所代)などもあります。
この展示場を維持するのには、年間数百万円というお金がかかります
また、展示場をたくさん集めて総合住宅展示場になっているところがあります。
そして、よく新聞社やテレビ局の名前が付いて、○○住宅展示場となっています。
これは、契約金を新聞社やテレビ局に支払って、
新聞広告や、テレビCMなどをしてもらうわけです。
結構、頻繁に目にしますが、どれだけのお金がかかってるんでしょうか?
年間、数百万から一千万円以上とも言われています。大変な金額です。
2つも3つも展示場を抱えている所は、いったい、いくらかかるんでしょう。
その他、番組を提供している会社は、スポンサー料もかかります。
また、CMを作っているところは、CM制作費・タレント契約料なども必要です。
このほかに、豪華パンフレット等を作れば当然、経費がかかります。
そのパンフレットも、季節ごとや新商品が出るたびに、新しくしなければいけません。

この、ホームページも製作会社に依頼して、
維持・管理・更新をお願いすれば、普通、月々数万から数十万円はかかります。
私ども多田建築のホームページは、
自社製作で、更新等も自分たちで空き時間にしますので、
かかるのは、パソコンの電気代ぐらいです。


また、ハウスメーカーには営業マンがいます。
この人たちは何をしているかというと、
自社住宅商品の売り込み、お客様との打ち合わせ、
お見積もりの作成、現場管理などです。
ですが、
いまあげた項目は別に営業マンがいなくても出来ることです。

住宅を新築したい、リフォームしたいと思っている方は、
自分のほうから相談に行くわけですし、
しつこい売り込みで契約するような方は、いらっしゃらないかと思います。
その、自分とぜんぜん関係が無い所への売り込みにかかる経費も、
お客様の建築費から出ているのです。

お見積もりの作成も、現場に出ている私たちが、時間を作ってすれば十分可能です。
また、お客様との打ち合わせや現場管理も、
実際に現場で作業している私たちがしたほうが、どれだけいいかわかりません。
現場での打ち合わせなどは、工事中に何回かありますが、
見積もり作成・現場管理・施工を兼務する私たちとお客様が、
現場で直接打ち合わせ
すれば、造る人に直接伝わるので、スムーズに進みます。
あいだに営業マンがいる分だけ、伝わりにくく、経費のかかる状態になります。

仕事の段取り・管理なども、携帯電話の普及でどこからでも出来るようになりました。
いちいち営業マンを通したり、
ハウスメーカーの現場管理者に連絡してからとなると、二度手間
です。

自分のため、ご家族のために余計なお金は出さないほうがいいはずです。
よく考えていただいて、賢い決断をお願いします。

多田建築は、設計・施工・管理まで自社のトータル管理で、
経費を削減しています。