山形県河北町谷地の大工・住宅の新築・リフォーム・住まいに関わる事全般・地域に密着した安心設計・安心施工・安心価格でお客様の安心をお約束「- 多田建築 -」


:
:

ホーム >  その他 >  住宅展示場の賢い見方

住宅展示場の賢い見方

ハウスメーカー、大手住宅会社などは住宅展示場(モデルハウス)を持っています。
ご自分のイメージを膨らませるためにも、
たくさんの展示場を見て回るのは、大変いいことです。
では、その賢い見方についてお話します。

ご自分の住まいを新しくしよう、買い換えようと思ったときに、
モデルハウスを見に行こうとお考えの方も多いと思います。
車がほしいときに車屋さんに車を見に行くのと同じです。
一般にモデルハウスは坪数も大きく、
最高クラスの仕様で建てられているのが多いです。
訪れるお客様のイメージをよくする空間演出を行っています。
訪れるお客様の心をくすぐり、建ててみたいと思ってもらえるようにしています。
ですが、
どの展示場も現実的な一般仕様の造りではないため、
結局何を見ていいのかわからなくなります。
そこで、モデルハウスを見るときには、
全体を見ようとはしないで、分的にみて参考にして下さい。
たとえば、「キッチンの広さ」とか「収納の広さ」、
「これは便利だと思うスペース」、「吹き抜けなどの感じ」とか、
カタログなどではわからない立体的な部分や、
自分が関心のあることに焦点を合せて見ることをおすすめします。
ですが、モデルハウスは標準仕様ではないことが多いため、
価格的にはあまり参考にならないかもしれません
また、せっかく見に行くわけですから、
カタログなどに載っていない事を聞いてみるものいいことです。
たとえば、
このモデルハウスは広さはどのくらいで、どのくらいの総費用がかかっているのかとか、
この会社のクレーム事例などのマイナス要素、
自分と同じぐらいの世代は、
どのぐらいの価格で家を建てているのか(坪単価ではなく、総費用)など、
きちんと答えてくれない場合は、答えられない理由があるのだと思います。
カタログ等には、良いことしか書かれていません。
カタログに載っていないところまで確認できれば、
モデルハウスを見に行ってよかったということになります。

ところで、モデルハウスを見に行くと、必ず「アンケートにご記入下さい」と言われます。
ただのアンケートだと思って記名してしまうと、
次の日から営業マンが押しかけてくるなんてことがあります。
アンケートに答えなければパンフレットなど資料ををもらえない場合もございます。
そのときはこのようにしてみて下さい。
アンケート用紙の項目には必ず、
「現在のお住まい」・「建築予定」・「建築の予算」の項目があります。
その項目に、「現在のお住まい:分譲マンション」・
「建築予定:3年以上先」・「建築の予算:1500万円以内」と記入してみて下さい。
すると、営業マンはすぐには押しかけてきません。
時間のかかりそうな客や、予算のない客は相手にされず後回しです
これは、営業マンが自分の業績によって給料・ボーナスが決まる、歩合制だからです。
営業マンは目先の業績に必死ですので、
自分の業績があがらない客には、郵便等での案内ぐらいしか届きません。
それでも、営業マンが押しかけてくる場合は、
「親戚が工務店(大工)をやっていますので」と一言断りましょう。

また、実際に住宅を建てた所を見る現場見学会(完成内覧会)に
足を運ぶのもいいことです。
こちらの場合は、もっと現実的で、実際に建てたい住宅に近いことが多いです。
ここで、この会社の仕様やオプションなどを確認して、費用の目安にしてみるといいです。
いくつかの場所を見学して、自分の希望をまとめておくと、
あとから工事を依頼するときに役に立つかと思います。

基本的に、住宅展示場や現場見学会は、
ご自分の理想の住まいづくりのイメージをつかむため、
実際建物の空間を肌で感じるために利用するのが有効な手段だと思います。